愛犬のペットグッズ価格比較
ペットの術後服

術後パンツ術後パンツとマナーパンツの違いは、マナーパンツはお漏らしなどしないため、術後パンツは、傷跡を舐めないようにするために、排尿や排便ができるようになっているのです。

避妊手術をしたときなど、エリザベスカラーというエリマキトカゲのようなカラーをしますよね。
うちも、何度も使いました。まだ、とってあったと思います。

術後パンツは手術後に威力を発揮する

ただ、このカラーをつけているときって犬が可愛そうなのです。
水さえ飲みづらいし、うちでは、何度もドアにぶつかっていました。

でも、怪我したときや、避妊手術の傷跡を舐められては回復が遅くなります。

そこで、術後パンツは、股の部分に切れ込みをいれた形を採用したのです。この術後パンツ、パンツとはいえませんね。術後服を着たまま排泄が可能になったわけです。

一人、「これはいい!」と感心していました。

術後パンツは、見た目はマナーパンツと似ていますから、そのままお散歩に行っても違和感がありません。

よくエリザベスカラーをつけてお散歩している犬を見かけますが、「犬はうっとうしいって思っているだろうなぁ」と思ってしまいます。

エリザベスカラーは手術とセット

以前はエリザベスカラーは自前でした。
最近では病院でレンタルしたり、手術費用に組み込まれている場合もあります。

なかなか病院でセットになっていると、エリザベスカラーを使わないというのは勇気がいることかも知れませんが、何頭もエリザベスカラーをつけてきた飼い主としては、あれはなんとかしたいものです。

最近になって、避妊手術をしなければいけない犬がいますので、今度は、術後パンツを採用したいと思います。

術後パンツの価格比較

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)