初めて子犬を購入したら揃える物ってたくさんある

子犬を迎えるときに揃えるもの仔犬、かわいいですよね。

うちでは、ペットショップで購入したのが3頭。
個人宅から譲り受けたことが1頭。
捨て犬だった目も開いてない仔犬が1頭でした。

どの犬も最初は仔犬でした。

ただ、ヨーキーだけは、生後6ヶ月間ペットショップにいたため、馴染むのに時間がかかったし、お手を覚えるために何年もかかりました。

最初に仔犬を迎えたときは

昔はペットグッズを購入する場所はなかった最初に犬を購入したとき、何を揃えればいいのか、何をすればいいのか、まったくわかりませんでした。

ずいぶん前に話しですから、今ほど、ペットグッズも揃っていなかったし、売っているお店もそばにはありませんでした。

もちろん、デパートまで行けばありましたけどね。

犬の寝る場所を教える

犬に寝る場所を教えるのは必要なことだと言われていました。
しかし、大きいゲージとか購入しても、泣きわめいて、寝られません。

結局、ゲージから出したら、私の寝具に寝るようになってしまいました。

そうなると、犬と泊まれる宿などに行くと大変です。
たいがいは「犬は布団に入れないで」と注意書きがあるので、布団の上にかけるカバーを持っていったり、荷物多くなります。

そういうとき、小さいゲージ寝るようにしつければよかったと、つくづく思うのです。

犬のしつけの問題

犬の躾に失敗して自分のベットで寝ない犬のしつけは、成犬になるまでにとよく言います。
成犬っていうと、一般的には生後1年くらいでしょうか。

最初の犬を飼い始めた頃は、忙しかったりして、まったく躾などしませんでした。

そのため、よく吠える犬になってしまいました。
特に来客者が嫌いで、配達員に犬が突然、噛み付いたこともありました。

そうなると、怒っても、ぶっても、どうにもならないのです。
やはり、仔犬のうちに、吠えていいとき、吠えてはいけないときを教え、人に噛み付いてはいけないということを教えるべきなのです。

トイレのしつけ

特に犬のトイレの躾は重要です。
4頭目までは家でするようにしつけなかったのです。

2番目に飼った犬は腸が弱く、しょっちゅう夜中に「お腹が痛い」といって騒ぎ、起きていって戸を開け、戻ってくるまで待ってなければなりませんでした。

そのとき、家でトイレする躾をすればよかったと思ったものです。

現在、最後に飼った犬はめでたくトイレの躾ができました。
今は1日4回散歩に行ける日が多いですが、それでも家でします。
一応、身体をぶるぶるさせて、我慢はするようですが。

犬を連れての旅行をするときも、トイレを持っていきますが、子犬の頃はしたものの、今では旅行中はトイレにはしなくなりました。

仔犬を迎えるときの揃えるもの

そんな自分の失敗を踏まえて、初めて仔犬を飼うときのスターターセットというのがあります。
このスタータセットは犬の躾に重きを置いているグッズがセットになっています。

仔犬のスターターセット
確かに総額は高いのですが、内容物は充実しています。

  • 仔犬を自宅でトレーニングする「しつけDVD
  • トレーニングする際の「ポーチ
  • トレーニングするときの肉を使った高級「トリーツ」(おやつ)
  • しつけに役立つ知育玩具の「コング
  • コングに入れる「ペースト
  • 仔犬の安全に「おくだけ木製ライトゲート
  • 仔犬向け「サークル
  • 移動時にも使える「クレート
  • 留守番時にサークルに設置する「給水ノズル
  • 丸洗いできる「子犬用ベット
  • しつける「トイレトレー
  • カーボンの「トイレシーツ
  • 食事用と水のみ用「陶器ボウル」ピンクorブルー
  • 食事用と水のみ用「陶器ボウル」白
  • 安全にお手入れ「ラバースラッカーブラシ
  • お手入れアイテム「ステンレス両目グシ

全て揃えるとなると、かなりの金額がかかりますので、スターターセットオススメです。

詳しく見る