愛犬のペットグッズ価格比較
キャリーカート

最近ではキャリーカートが注目を集めています。折りたためる3WAYキャリーカートやキャリー部分とペットが入る部分と切り離せるものが便利な4WAYキャリーカートがあります。いずれも多機能です。

人気のキャリーカート

ベビーカーを買いに来る犬連れのお客が増えている」との小売店からの要請でメーカーが開発したというものです。

ところが、鉄道やバスはペット用キャリーカートは使用できないところが多く、箱型でペットの顔や形が見えないものでないと運べない。

そこで、開発したのは、ペットが入る部分とキャリー部分が分離する形のキャリーカートが4WAYキャリーカート。このカートでキャリー部分を切り離せば、鉄道やバスなどでも運ぶことができます。

4WAYペット用カートの詳細はこちら

折りたたみペットカートがもっと人気

それより人気なのは折りたためるペットカート、こちらはキャリー部分が切り離せないけど、折りたたむことができます。本当にベビーカーのようです。

個人的には4WAYキャリーカートのほうが便利だと思うけども、なにせ4WAYキャリーカートと比べるとお値段は安いからでしょう。

ただ、カートを切り離せない分、犬を入れる場所が広く、乗せられるペットの重量も20Kgまでと大きいです。16kgの中型犬は大丈夫なのかなと思います。

ペット用キャリーカートを押している人をみかける

主に人気なのは小型犬用のキャリーカートで、見かけるのは年配者が多いです。しかし、夏などは小型犬ほど体力がなく、いつも日傘になるグッズはないのかと考えています。

うちの愛犬ヨーキーは、夏になると散歩を嫌がり、それでも連れて行くと、歩けなくなります。毛が薄いせいで、太陽の暑さを真っ先に受けてしまうからでしょう。

ペットの熱中症など心配な人は、キャリーカートに入れれば、日よけになりますね。

スポンサーリンク

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)